秋の花壇と秋のカエル

9月に新しく造ったアトリエ(ガーデニングサロンきらら)前の小さな花壇は、秋になってから植え付けた苗がようやく落ち着いてきたところです。実は、とある培養土を試している状態でして、バラ、低木、宿根草、球根、一年草などたくさんの種類を植えこんで様子をみている場所でもあります。
a0139105_816169.jpg
アンゲロニアといえば夏花壇の優秀選手でペンタスと一緒にうちではよく使う一年草です。とにかく花期が長いので、お得感いっぱいです。本来初夏に植える付けることが多いですが、この花壇には9月中旬に植え付けました。約1ヶ月半ほど経ちましたが、どんどん花色が濃く鮮やかになっています。ちなみに液肥を2週間に一度与えています。
秋に植えたので株間にレモンマリーゴールドも植栽してみました。今年は小さな苗なのでこんな風に混植できますが、宿根草で来年は背が高くなります。この花は、ハーブして流通していて、根からの分泌液がナメクジやネマトーダ(センチュウ)を寄せ付けない効果があるとされています、果たしてどうなのでしょうか?検証してみたいと思います。それにしても強い香り、、、レモン?という感じのね。
a0139105_8334784.jpg
これは、必ず言われます「枯れているの?」と。メンテ先のお庭に使うと、しばらくしたら「抜いてください」などと言われてしまうカレックスブロンズカール。私の使い方が悪のかと反省することしばしばですが、実は大好きなんです。
新芽の時も冬の間もずーっとこの色です(笑)、花穂も花もほぼ茶色で目立ちません。
株元の白い花は、矮性のカスミソウです。その前の紫色の花はブラキカム。左の白い花は、ユーホルビアスノープリンセスです。これは秋の鉢花として出回るもので、耐寒性は低く今回は秋の彩りとしてだけ使いました。
ここは、そろそろ冬のものにチェンジですね。
a0139105_844736.jpg
これはニコチアナ(ハナタバコ)の花色が珍しいタイプ(品種名は不明です)。春蒔き一年草ですが、あまり苗は出回りません。
暖地では夏~秋のガーデンに人気ですが、これも耐寒性はないので、うちでは秋の彩りとして2ヶ月ほどの鑑賞用ということになります。

a0139105_8514619.jpg
シクラメンのような葉っぱの宿根ビオラシレッタス。葉っぱだけでも綺麗ですね。

定番のミニバラ、グリーン・アイスの鉢植えの近くに、、、
a0139105_991595.jpg

いつものアマガエル。
a0139105_994714.jpg
ここは門柱なので、夜になると灯りに虫が集まってくるからか、棲み家にしているようです。
ニホンアマガエルで良いのかどうかわかりませんが、子ども頃から馴染みがあり、いつも素手で触っていました(カエルは迷惑ですね)が、つるつるとした粘膜には、毒があるんですってねー。気をつけたいと思います。

アマガエルは秋になると昼間によく鳴いています。身体の割には、鳴き声が大きいのでうるさいぐらいですが、雨は降らないですね(笑)季節の変わり目にも鳴くのかな?

こちらは秋が深まり、そろそろ冬の支度もはじめないと。早いですね、今年も残すところ2ヶ月余。。。
頑張りましょ~~。
by mgardenbird | 2015-10-26 09:29 | ガーデニングサロンきらら

花庭師MichikoYamadaのblog 人生にもっと花とみどりをガーデニングをライフスタイルに。


by michiko yamada
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30